カテゴリ:とお旅( 23 )

関西 ひたすら歩き旅 ~ くいだおれの街 食べ納め ~

たくさん歩いてクタクタで。
雨も降って来たので、早めに高野山を後に。

山深い土地なので、
駅へ向かうバスの途中、野生のシカに遭遇。

「また来てね」と、見送ってもらえた気分♪




電車内では、揃って爆睡。。。
大阪に戻り、最後のごはんです。

福太郎

何とかセットは、
アボカド豆腐(小)・生タコポン酢・海老ホタテとアスパラ炒め。
d0212451_16452353.jpg

どれも美味し。
お店一番人気のアボカド豆腐、クリーミーでしたよ。


ねぎ焼き。
d0212451_16455084.jpg

とろっとふわっと♪
美味しかったなぁ。


オムそばも注文。
d0212451_16462163.jpg

他のお客さんが食べてるのが羨ましくて( *´艸`)
甘め味のソース、いいですねぇ。太め麺なのも嬉しいポイント。
これまた美味!

ごちそうさまでした。




関西ひたすら歩き旅、
これにて終了。

あっという間の3日間。
久しぶりの遠出、大満喫でした。

次のお出かけを楽しみに、
また頑張るとします!

[PR]
by a-haruly | 2016-11-30 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山④ 霊域 奥之院へ ~

3日目。

この旅、最後の目的地。
高野山信仰の中心奥之院へ。

空気が澄んだ、朝早い時間から行きたくて。
8時には宿坊を後にし、歩いて向かいました。


奥の院参道の入口となる「一の橋」
d0212451_18461558.jpg

お大師さまの御廟まで2キロの道のりには、
樹齢数百年の杉木立の中、諸大名の墓碑や、あらゆる人々の供養塔が立ち並びます。
その数、約20万基。とても神秘的な雰囲気でした。


一の橋と御廟の中間点「中の橋」
d0212451_18463316.jpg



平安時代には、この川で身を清めていたそう。
昔から金の河(三途の川)を表し、この先は死の世界という意味。


途中、脇道へ。
こちらは、奥の院前の入口。

d0212451_18470187.jpg

駐車場なども整備されていて、
こちらから参拝される方も多かったです。


脇道でお話した管理の方に声をかけていただき、
ぽっぽやさん「汗かき地蔵尊」の火を灯すことに。
d0212451_18472473.jpg

ご利益あるよ!と言われ、大喜び(笑)


高くそびえる杉。
d0212451_18474408.jpg

空気が違います。


「御廟橋」

d0212451_18482638.jpg

この橋の先は、御廟のある聖地。
脱帽し服装を整え、礼拝してから足を踏み入れます。

たくさんの人々が、
いろいろな思いで、ここへ足を運んでいる。
それが伝わってくる場所。

ワタシの思いは、どれだけ強いのだろう?
ふと、そんなことを考えました。


帰り道。

四国八十八カ所の仏像が並ぶ場所へ。
d0212451_18484565.jpg

札所とは逆順ですが、一か所ずつ巡拝。

d0212451_18490356.jpg

お遍路とは、
お大師さまの足跡を辿り、八十八カ所霊場を巡拝すること。
d0212451_18494430.jpg

これだけでも大変だけど、
いつか、四国にも行ってみたい。


その後、一の橋へ戻り、
気が付けば13時でした。

お腹空いたな。
相変わらず、欲だらけでした(笑)


九和楽さんの柿の葉寿司。
改めて…美味しかったなぁ。

ぽっぽやさんは、麩まんじゅうもね。
d0212451_18500870.jpg

あぁ、ホント、ひたすら歩きました!

[PR]
by a-haruly | 2016-11-29 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山③ 宿坊 1泊2日体験 ~

この日のお宿。
初めての体験、宿坊に宿泊です。


高野山温泉 福智院
d0212451_18270124.jpg

高野山最大で、
唯一、天然温泉の露天風呂がある宿坊。

もうひとつの特徴は、3つの庭。

門をくぐるとすぐ、
福智院の本尊、愛染明王の名を冠した庭に目を奪われます。
d0212451_18272740.jpg

早速、温泉へ。
旅の疲れを癒しました。


夕食は、お部屋で精進料理。
d0212451_18281784.jpg

豆乳鍋や天ぷらなどなど。
d0212451_18284627.jpg

たくさん歩いて、精進料理をいただいて。
カラダにいいことばかり。幸せだなぁ。


その後は、写経体験。
d0212451_18294380.jpg

以前、丸ビルで体験した時も、高野山のイベントでした。
その時はまさか、高野山へ…とは思ってなかったなぁ。

願いを込めて、一文字ずつ。
腕輪念珠もいただきました。



翌朝は、6時からの勤行に参加。
早朝からのお勤めは、身が引き締まります。

本堂から眺める「愛染庭」に「登仙庭」「石庭 蓬莱遊仙庭」
d0212451_18301940.jpg

朝の冷たい空気が、
庭園をより綺麗に見せてくれました。


朝食もお部屋で。
d0212451_18305122.jpg

これがとても美味しくて。
ご飯もお替わりして、ごちそうさま。


この日の宿泊客は、7割が外国人(!!!)
日本の旅で、高野山を選ぶというコトが凄い。

広い建物で、季節的にとても寒かったですが、
冷たい空気が、むしろ気持ち良く、素敵な体験でした。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-28 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山② 高野山真言宗の総本山 金剛峯寺 ~

続いて向かったのは、
高野山真言宗の総本山。

総本山 金剛峯寺
d0212451_20373821.jpg

高野山内117か寺、全体の宗務を司る中心のお寺。


正門は、金剛峯寺でいちばん古い建物。
昔は、天皇・皇族・高野山の重職しか出入りを許されなかったそう。
d0212451_20381007.jpg

今でも一般の僧侶たちは、正門右手にあるくぐり戸を使っているそうで。
そう思うと、ワタシ達が入場するのにも、ぐっと気持ちが入りますね。


高野山内最大規模の建物「主殿」
d0212451_20385911.jpg

内部は公開されていて、広間・襖絵など見どころがたくさん。
台所は、まだまだ現役で使われているそう。

その中のひとつ「柳の間」は、豊臣秀次が自害した部屋。
ここでまた、真田丸の切ないワンシーンを感じましたね。


新別殿では、参拝者の休憩所として、お茶とお菓子をご用意いただきました。
d0212451_20392467.jpg

一杯のお茶と、おせんべい。
たくさん歩いたカラダを癒してくれましたねぇ。
ありがたい。


国内最大級の石庭「蟠龍庭」
d0212451_20395024.jpg

雲海の中、雌雄一対の龍が、奥殿を守る姿を表現。
とても美しく、ただ眺めているだけで、心が洗われます。


ここで「阿字観体験」
d0212451_20401560.jpg

阿字観とは、
大日如来を示す「阿」の梵字を瞑想する、
真言宗における呼吸法・瞑想法。

静かに瞑想する時間。
独特の呼吸に、独特の座禅。

心を無にして、自分と向き合う、貴重な時間でした。




そして翌日。

ぽっぽやさんは、根本大塔へ。
ワタシは、再びの金剛峯寺へ。
d0212451_20405897.jpg

何かを感じに。

d0212451_20413806.jpg

まさか、高野山で別行動するとは(笑)

もう一度、感じたいと思った気持ちと、
ぽっぽやさんと、ひととき離れた寂しさ。

どちらも大切な思いです。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-26 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山① 根本道場 壇上伽藍 ~

九度山に別れを告げ、
南海高野線に乗ること30分。

その後、ケーブルカーで5分。
d0212451_14123083.jpg

高野山駅からは、南海りんかんバスに乗り換え。

そしてついに、
弘法大師空海(お大師さま)が開いた仏教の聖地、高野山に到着!



昔から空海を尊敬し、興味があったぽっぽやさん。

あるTV番組を見て、
同じ番組を見ていたお友達にも言われて、
絶対行かなくちゃ!と思ったワタシ。

その思いが一致して、念願叶っての訪問です。


まずは壇上伽藍へ。
高野山開創の際、最初に開かれた場所です。


伽藍の正門として建つ「中門(ちゅうもん)」
d0212451_14021264.jpg

火災で焼失したそうですが、開創1200年の節目に、再建。


高野山の総本堂「金堂(こんどう)」
d0212451_14023287.jpg

七度も再建されており、重要な役割を果たしてきたことがうかがえます。
現在の建物は昭和7年に完成。


鳥羽法皇の菩提を弔う一切経を納めるための経蔵「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」
d0212451_14031420.jpg

把手がついていて回すことができるように。
一回りすると、一切経を読んだと同じ功徳が得られるとされています。


縁起物とされる「三鈷の松(さんこのまつ)」
d0212451_14033593.jpg

松葉が三本という珍しい松。
お大師さまが、この地こそ密教を広めるにふさわしいと決心したとされる松の木。
現在では、縁起物としてお守りにしているそう。


真言密教のシンボル「根本大塔(こんぽんだいとう)」
d0212451_14040128.jpg

伽藍中心の塔で、堂内そのものが立体の曼荼羅として構成。
荘厳な曼荼羅の世界観は圧巻です。

ぽっぽやさんは「もう一度、曼荼羅を感じたい。」と、
自分で200円払い、翌日にもこの場所を訪れました。

何か感じるものがあったんだろうな。
来てよかったなと思った瞬間のひとつでした。


その他、いろいろ回り。
d0212451_14042374.jpg

神聖な空気に包まれました。
時間を気にせず、ゆっくりしたい場所でした。


[PR]
by a-haruly | 2016-11-25 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 九度山ごはん ~

改めまして関西旅。


たくさん歩いたので、お腹も空く時間。

グラタンカフェ

11時オープンと同時に入店。一番乗りデス。
d0212451_23424282.jpg

こちら、グラタン・ドリアの専門店。

フリーペーパーで見たコトがあって、
機会があれば行ってみたい!と、念願の訪問♪


小屋を入って階段を降りていくと、お店があります。
何だかとてもオシャレで、失礼ながら…思わずWCも撮影。
d0212451_2343661.jpg

もったいないくらいでした(笑)



さて。
話を元に戻しますね。


ぽっぽやさん 牡蠣のバジルソースグラタン(ミニグラタンセット スープ・サラダ付き)
d0212451_23432292.jpg

ミニサイズなのに、大ぶり牡蠣が3個入ってます。
このソース、とてもクリーミーで美味しい!

ミニって…
朝のきつねうどんでしょー(爆)


ワタシ THE SANADAMARU(ざ・さなだまる)
d0212451_23433471.jpg

前菜・スープ・サラダ・海の幸海鮮グラタンのセット。


これが、一番人気の海鮮グラタン。
d0212451_23441237.jpg

有頭海老2尾に、ホタテ・ウニが入って、とても贅沢。
こういう感じ、大好き!美味しいに決まってます。

ソースに魚介のエキスが相まって、
とっても美味しくいただきました。


ごちそうさまでした。







美味しいグラタンで
お腹は満たされたのですが。


いろいろ調べてたら、絶対に食べたくて♪

九和楽
d0212451_2344489.jpg

柿の葉寿司の専門店。
素敵な皆さんが、笑顔で迎えてくれましたよ。

翌日でも食べられるので、翌日お昼のつもりで購入。


しかし。
お店の方が「今日食べるのがイチバン美味しいよ。」って。


…というコトで、
その後の電車内で、鯖をおひとつ♪
d0212451_23493250.jpg

ふっくらしたシャリに、脂がのった鯖。
ほど良い加減のお酢の味が、疲れたカラダを癒してくれましたよ。
美味しかったなぁ。



そして翌日のお昼ごはん。


こちらは椎茸。
d0212451_23502081.jpg

こちらは鮭。
d0212451_23503395.jpg

椎茸と鮭は、予約要。

3種の味が食べられて、
「これは何かな?」と柿の葉を開くのが楽しい。

九話楽の名前の元「喰うわ楽しい」
まさにそんな感じでいただきました。


ごちそうさまでした。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-24 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 真田ゆかりの地 九度山 ~

2日目は早起き。
南海なんば駅からスタート。


そこでぽっぽやさん。

せっかく来たからと、
駅ホームの『南海そば』で、きつねうどんを食す。
d0212451_1646224.jpg

うどんは普通の袋めん。
そりゃそうさ。お手軽価格だもの。

ダシが違うんだ!と、力説してました(笑)



さて。

南海電車 特急りんかんに乗車。
d0212451_16463288.jpg

初めての電車、旅気分も盛り上がりますねぇ。


朝ごはんは、サラダと串かつ だるまの、ロースカツサンド。
d0212451_16464398.jpg

濃いめの串かつソースに、マスタードをつけて。
手軽に食べられるのがいいですね。


1時間半ほど電車に揺られ。
最初の目的地は、真田ゆかりの地、九度山。
d0212451_16465274.jpg

今年の大河、面白いですねぇ。欠かさず見てます。
真田を感じに行ってきましたよ。


風情ある商店街「真田のみち」を進みます。
d0212451_1647774.jpg

地元の方とお話したりして、やさしい関西弁にほっこり。


真田の抜け穴『真田古墳』
d0212451_16471720.jpg

ここから大坂へ出向いた!?という伝説があったそうよ。


『真田庵』は、幸村と昌幸親子の屋敷跡に建てられたお寺。
d0212451_20361332.jpg

蟄居を命じられた2人の暮らしに想いを馳せて。


その他、大河ドラマ展開催の真田ミュージアムは、
来館者20万人達成!だそうで。

幸村の生涯で、一番長い時間を過ごした九度山、賑わってました。
「真田丸」も、いよいよクライマックスです!


真田のみちに別れを告げて。
さらに歴史スポットを巡ります。


世界遺産慈尊院
d0212451_16473039.jpg

弘法大師空海の母 玉依御前が過ごしたお寺。
女人禁制の高野山に対し、「女人高野」と呼ばれています。

古くから伝わる「高野参りは慈尊院から」それに習ってお参り。


写真右 世界遺産丹生官省符神社
d0212451_16474139.jpg

弘法大師によって創建された神社。
慈尊院から続く、119段の石段を登ります。


写真左 『勝利寺』に続く階段。

その名前から、勝負事に勝てるように祈願するひとが多いそうで。
ぽっぽやさんは、頑張って登って行きました。ワタシは、階段下でお留守番(;´∀`)


こちら、町石道。
d0212451_16543314.jpg

慈尊院から高野山までの道のり、
一町(109m)ごとにたてられている石の道標。

ぽっぽやさんはいつか、
この道を歩いて高野山へ行ってみたいそうだ。

確かに。。悪くないね( *´艸`)
そんな時が来ることを願って。
[PR]
by a-haruly | 2016-11-14 22:30 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ くいだおれの街 ~

大阪マラソンの一週間前。


ぽっぽやさんとワタシ、大阪ミナミに出没。
d0212451_17545688.jpg

今や東京にも出店の神座。昔、お友達と何度か来たなぁ。懐かしい。
前回の大阪マラソンも4年前。そんなに経ったのかと衝撃。

そんな街も、外国人観光客で大賑わい!
あまりの人の多さに、若干怯み(;´・ω・)


しかし!
美味しいものの為ならば!と、
負けじと行列に並びましたよ。


あっちち本舗
d0212451_17552655.jpg

熱々とろ~り、しょうゆマヨたこ焼き。
前回も食べましたが、ホントに美味しい。

関東でよくある、からっとたこ焼きも美味しいですが、
たこ焼きはやっぱり、ふわとろが好きなのです。

ごちそうさまでした。


ひとり1パックいけたかなぁ?と思いながら、次のお店へ。


道頓堀 今井
d0212451_17553857.jpg

何度も歩いた通りですが、知らなかったなぁ。
こういう雰囲気に目が行くのは、オトナになった証拠でしょうか?


ワタシはやっぱりきつねうどん。
d0212451_17554989.jpg

このお店の看板メニュー。

しっかりと味が染みた肉厚のお揚げに、飲みたくなるお上品なお出汁。
美味しくて大満足。


ぽっぽやさんは「新そば始めました」の文字につられ、おろしそば。
日本酒一合と選べる肴二品のセット「酒楽」も注文。
d0212451_17555943.jpg

北海道産の新そば。美味しいそばの香りが、鼻から抜けましたねぇ。
きすの天ぷらに鴨ロース塩焼、大満足のおつまみでした。

ごちそうさまでした。


あれこれ食べたい欲を抑え、ミナミの街をぐるり一周。

飛び交う関西弁を聴きながら。
くいだおれの街を満喫しました。


おまけ。
d0212451_17561752.jpg

ホテルのロビーにpepper登場。
お初にお目にかかりました。


1日目はこれにて終了。
歩いた距離も、まぁそれなりにね。

ひたすら歩き旅は、2日目からが本番デス!
[PR]
by a-haruly | 2016-11-10 19:00 | とお旅

「くいだおれ」 の街で再会??

女子3人旅も、いよいよ最終日~。


早いッ!早すぎるぅ…(+_+)
思いっきり楽しんで帰りましょう♪


道頓堀「グリコ」の看板。
d0212451_2054028.jpg

これまでにも何度も見ましたが、川辺に降りて、まじまじ見るのは初めて☆


最近ウワサの 『タイガーコペンハーゲン
d0212451_206612.jpg

ものすごい人デシタ(*_*)
オープン前も、昼過ぎも、どの時間に行っても行列は健在!
でもホント、お買い物楽しかったー!関東進出、しないかなぁ。



そしてもちろん!大阪と言えば「くいだおれ」でしょう(*^^)v


あっちち本舗』 のたこ焼き(しょうゆマヨネーズ味)
d0212451_2063119.jpg

熱々!生地がとってもクリーミーでした。
これは、ワタシが食べたたこ焼き史上1・2位を争う美味しさ!!! (←大げさすぎる?)


串カツも食べたい!ってコトで 『串の坊
d0212451_2065288.jpg

これは何だっけ?美味しかったのは覚えてマス♪


うずらたまごとなんとか。
d0212451_2072433.jpg

カウンター席だったので、揚げたてをすぐに出してくれましたよ。


海老となんとか。
d0212451_2073731.jpg

他にも、かぼちゃやアスパラなど、計9本のコース。
お肉にお野菜にお魚に、バランスよく食べられて幸せ❤もっと食べたかったなぁ。


帰りの新幹線も、もちろん駅弁!いただきまぁす(^m^)
d0212451_2075194.jpg

あ~、よく食べました。ごちそうさまでした。
でも「くいだおれ」には、まだまだ程遠いかな?



そして再会!…と言いますのは。


この3人旅、言いだしっぺはワタシでして。
それもこれも、このイベントが発端だったのであります。
d0212451_2084168.jpg

大阪マラソン2012


実は…






ぽっぽやさんが参加したのでありますッ!




参加するという話を聞いた時。
そこでワタシ、ひとり考えてみた。


そうそう無いコトだから、ひとりでも応援に行ってみたい!
 ↓
あーでも、せっかくだから、ダメ元でお友達に声をかけてみよう!
 ↓
そうだ!京都とかいいなぁ❤
 ↓
お友達OK!じゃ、旅決定!


こんな感じで、決まっちゃうものなんだねぇ。



で。
d0212451_20132641.jpg

めでたく完走!よかった。


同じ日に、同じ方面へ、全く別行動で向かうコトなんて、ほとんどありませんから。

御堂筋で「再会」した時は、テンション↑↑↑上がりましたねぇ。
(テンション上がりすぎて、写真を撮り忘れるという失態。。。ガーン↓↓↓)


**********************************************

こんな感じで、盛り沢山の女子3人旅は終了。


こうやって振り返っても、けっこう無茶な旅だったなぁ。
最初から最後まで、お友達を振り回しまくり。。。反省デス((+_+))


でも、いろんな所に行けて、紅葉もたくさん堪能して、
美味しいモノたくさん食べて、大満喫でした。




いろいろ機転を利かせてくれたお友達。 (ルノアールも自由が丘も、いい思い出❤)
とても心強くて、ホントに頼りになりました。
せっかくの3連休に、快く送り出してくれた、それぞれのご主人にも感謝!


そして。
長~い旅レポ、お付き合い下さった皆様に感謝です。
[PR]
by a-haruly | 2012-12-10 12:00 | とお旅

個室ではんなり?豆腐料理。

女子が3人も集えば♪
京都に来たら、豆腐も食べたいですねぇ。


豆腐料理 蓮月茶や

知恩院からほど近くなのに、さっきまでの賑わいがウソのよう。
落ち着いた雰囲気が、京都らしくていい感じ。
(予約はいっぱいのようで、お客さんはたくさんいましたけどね。)



それでは、梅酒で乾杯~☆


滝川豆腐
d0212451_19495966.jpg

川をイメージした盛りつけ。崩しちゃいけない気がするわねぇ。


かにみそ豆腐&生麩のしぐれ煮
d0212451_19501170.jpg

かにみそ豆腐なんて初めて!濃厚なお味でしたよ。もっと食べたい❤
しぐれ煮も美味!お友達は、ご主人のお土産にと、買って帰ってましたよ。


生麩田楽
d0212451_19502218.jpg

これはワタシの大好物なのデス☆


生ゆば
d0212451_19503140.jpg

お上品なお味❤美味しゅうございました。


湯どうふ
d0212451_19504390.jpg

美味しい季節ですね~。温まりました。


豆腐グラタン
d0212451_1950553.jpg

熱々!ヘルシーな感じがいいですね。
クリーム系大好きのワタシには、これまたドンピシャ!


ゆば煮と高野豆腐
d0212451_1951844.jpg

手間かかってますねぇ。
こういうお料理が、上手に作れるようになりたいなぁ。


その他、ご飯&香の物&デザート付き。
美味しかったぁー!ごちそうさまでした。


個室に通していただき、それだけで贅沢気分♪
しかも、京都でお豆腐をいただくとは!まぁ、はんなり❤

完ぺき、雰囲気に酔いましたョ。
これぞ、京都の魅力かしら…ね?


お腹もココロも満たされ、大満足!
さすがに疲れ果て、爆睡で大阪に帰りました。




長々続いた旅レポも、次が最終回!

次回レポは、
大阪も楽しまなくちゃ!そして、再会(!?)を果たすのデス。。。
[PR]
by a-haruly | 2012-12-09 12:00 | とお旅

ぽっぽやさんとのふたりぐらし。日々のあれこれ、つぶやきマス。


by a-haruly
画像一覧