<   2016年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

関西 ひたすら歩き旅 ~ くいだおれの街 食べ納め ~

たくさん歩いてクタクタで。
雨も降って来たので、早めに高野山を後に。

山深い土地なので、
駅へ向かうバスの途中、野生のシカに遭遇。

「また来てね」と、見送ってもらえた気分♪




電車内では、揃って爆睡。。。
大阪に戻り、最後のごはんです。

福太郎

何とかセットは、
アボカド豆腐(小)・生タコポン酢・海老ホタテとアスパラ炒め。
d0212451_16452353.jpg

どれも美味し。
お店一番人気のアボカド豆腐、クリーミーでしたよ。


ねぎ焼き。
d0212451_16455084.jpg

とろっとふわっと♪
美味しかったなぁ。


オムそばも注文。
d0212451_16462163.jpg

他のお客さんが食べてるのが羨ましくて( *´艸`)
甘め味のソース、いいですねぇ。太め麺なのも嬉しいポイント。
これまた美味!

ごちそうさまでした。




関西ひたすら歩き旅、
これにて終了。

あっという間の3日間。
久しぶりの遠出、大満喫でした。

次のお出かけを楽しみに、
また頑張るとします!

[PR]
by a-haruly | 2016-11-30 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山④ 霊域 奥之院へ ~

3日目。

この旅、最後の目的地。
高野山信仰の中心奥之院へ。

空気が澄んだ、朝早い時間から行きたくて。
8時には宿坊を後にし、歩いて向かいました。


奥の院参道の入口となる「一の橋」
d0212451_18461558.jpg

お大師さまの御廟まで2キロの道のりには、
樹齢数百年の杉木立の中、諸大名の墓碑や、あらゆる人々の供養塔が立ち並びます。
その数、約20万基。とても神秘的な雰囲気でした。


一の橋と御廟の中間点「中の橋」
d0212451_18463316.jpg



平安時代には、この川で身を清めていたそう。
昔から金の河(三途の川)を表し、この先は死の世界という意味。


途中、脇道へ。
こちらは、奥の院前の入口。

d0212451_18470187.jpg

駐車場なども整備されていて、
こちらから参拝される方も多かったです。


脇道でお話した管理の方に声をかけていただき、
ぽっぽやさん「汗かき地蔵尊」の火を灯すことに。
d0212451_18472473.jpg

ご利益あるよ!と言われ、大喜び(笑)


高くそびえる杉。
d0212451_18474408.jpg

空気が違います。


「御廟橋」

d0212451_18482638.jpg

この橋の先は、御廟のある聖地。
脱帽し服装を整え、礼拝してから足を踏み入れます。

たくさんの人々が、
いろいろな思いで、ここへ足を運んでいる。
それが伝わってくる場所。

ワタシの思いは、どれだけ強いのだろう?
ふと、そんなことを考えました。


帰り道。

四国八十八カ所の仏像が並ぶ場所へ。
d0212451_18484565.jpg

札所とは逆順ですが、一か所ずつ巡拝。

d0212451_18490356.jpg

お遍路とは、
お大師さまの足跡を辿り、八十八カ所霊場を巡拝すること。
d0212451_18494430.jpg

これだけでも大変だけど、
いつか、四国にも行ってみたい。


その後、一の橋へ戻り、
気が付けば13時でした。

お腹空いたな。
相変わらず、欲だらけでした(笑)


九和楽さんの柿の葉寿司。
改めて…美味しかったなぁ。

ぽっぽやさんは、麩まんじゅうもね。
d0212451_18500870.jpg

あぁ、ホント、ひたすら歩きました!

[PR]
by a-haruly | 2016-11-29 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山③ 宿坊 1泊2日体験 ~

この日のお宿。
初めての体験、宿坊に宿泊です。


高野山温泉 福智院
d0212451_18270124.jpg

高野山最大で、
唯一、天然温泉の露天風呂がある宿坊。

もうひとつの特徴は、3つの庭。

門をくぐるとすぐ、
福智院の本尊、愛染明王の名を冠した庭に目を奪われます。
d0212451_18272740.jpg

早速、温泉へ。
旅の疲れを癒しました。


夕食は、お部屋で精進料理。
d0212451_18281784.jpg

豆乳鍋や天ぷらなどなど。
d0212451_18284627.jpg

たくさん歩いて、精進料理をいただいて。
カラダにいいことばかり。幸せだなぁ。


その後は、写経体験。
d0212451_18294380.jpg

以前、丸ビルで体験した時も、高野山のイベントでした。
その時はまさか、高野山へ…とは思ってなかったなぁ。

願いを込めて、一文字ずつ。
腕輪念珠もいただきました。



翌朝は、6時からの勤行に参加。
早朝からのお勤めは、身が引き締まります。

本堂から眺める「愛染庭」に「登仙庭」「石庭 蓬莱遊仙庭」
d0212451_18301940.jpg

朝の冷たい空気が、
庭園をより綺麗に見せてくれました。


朝食もお部屋で。
d0212451_18305122.jpg

これがとても美味しくて。
ご飯もお替わりして、ごちそうさま。


この日の宿泊客は、7割が外国人(!!!)
日本の旅で、高野山を選ぶというコトが凄い。

広い建物で、季節的にとても寒かったですが、
冷たい空気が、むしろ気持ち良く、素敵な体験でした。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-28 18:00 | とお旅

お菓子職人さんのキッシュ。

ちょいと違うネタをひとつ。


ぽっぽやさんは、キッシュがお好き。

いつだったか?
食べたいというので、渋谷で寄り道。


キッシュ ヨロイヅカ
d0212451_2045012.jpg

キッシュレアチーズ ↖ ↗ キッシュプリン
エビグラタン    ↙ ↘ カルボナーラ


とても繊細で、どれもケーキみたい。
お店のショーケースも、スイーツを選ぶ感覚でしたよ。

繊細すぎて…カルボナーラ、
家に着いたら崩壊してましたぁーッ(*_*)

せっかく美味しいのに、ちょいと残念。。
テイクアウトは、かなり注意が必要ですね。


店舗も増えて、イートイン店もあるみたい。
いろいろ食べてみたいな。

ごちそうさまでした。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-27 18:00 | うちゴハン

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山② 高野山真言宗の総本山 金剛峯寺 ~

続いて向かったのは、
高野山真言宗の総本山。

総本山 金剛峯寺
d0212451_20373821.jpg

高野山内117か寺、全体の宗務を司る中心のお寺。


正門は、金剛峯寺でいちばん古い建物。
昔は、天皇・皇族・高野山の重職しか出入りを許されなかったそう。
d0212451_20381007.jpg

今でも一般の僧侶たちは、正門右手にあるくぐり戸を使っているそうで。
そう思うと、ワタシ達が入場するのにも、ぐっと気持ちが入りますね。


高野山内最大規模の建物「主殿」
d0212451_20385911.jpg

内部は公開されていて、広間・襖絵など見どころがたくさん。
台所は、まだまだ現役で使われているそう。

その中のひとつ「柳の間」は、豊臣秀次が自害した部屋。
ここでまた、真田丸の切ないワンシーンを感じましたね。


新別殿では、参拝者の休憩所として、お茶とお菓子をご用意いただきました。
d0212451_20392467.jpg

一杯のお茶と、おせんべい。
たくさん歩いたカラダを癒してくれましたねぇ。
ありがたい。


国内最大級の石庭「蟠龍庭」
d0212451_20395024.jpg

雲海の中、雌雄一対の龍が、奥殿を守る姿を表現。
とても美しく、ただ眺めているだけで、心が洗われます。


ここで「阿字観体験」
d0212451_20401560.jpg

阿字観とは、
大日如来を示す「阿」の梵字を瞑想する、
真言宗における呼吸法・瞑想法。

静かに瞑想する時間。
独特の呼吸に、独特の座禅。

心を無にして、自分と向き合う、貴重な時間でした。




そして翌日。

ぽっぽやさんは、根本大塔へ。
ワタシは、再びの金剛峯寺へ。
d0212451_20405897.jpg

何かを感じに。

d0212451_20413806.jpg

まさか、高野山で別行動するとは(笑)

もう一度、感じたいと思った気持ちと、
ぽっぽやさんと、ひととき離れた寂しさ。

どちらも大切な思いです。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-26 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 高野山① 根本道場 壇上伽藍 ~

九度山に別れを告げ、
南海高野線に乗ること30分。

その後、ケーブルカーで5分。
d0212451_14123083.jpg

高野山駅からは、南海りんかんバスに乗り換え。

そしてついに、
弘法大師空海(お大師さま)が開いた仏教の聖地、高野山に到着!



昔から空海を尊敬し、興味があったぽっぽやさん。

あるTV番組を見て、
同じ番組を見ていたお友達にも言われて、
絶対行かなくちゃ!と思ったワタシ。

その思いが一致して、念願叶っての訪問です。


まずは壇上伽藍へ。
高野山開創の際、最初に開かれた場所です。


伽藍の正門として建つ「中門(ちゅうもん)」
d0212451_14021264.jpg

火災で焼失したそうですが、開創1200年の節目に、再建。


高野山の総本堂「金堂(こんどう)」
d0212451_14023287.jpg

七度も再建されており、重要な役割を果たしてきたことがうかがえます。
現在の建物は昭和7年に完成。


鳥羽法皇の菩提を弔う一切経を納めるための経蔵「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」
d0212451_14031420.jpg

把手がついていて回すことができるように。
一回りすると、一切経を読んだと同じ功徳が得られるとされています。


縁起物とされる「三鈷の松(さんこのまつ)」
d0212451_14033593.jpg

松葉が三本という珍しい松。
お大師さまが、この地こそ密教を広めるにふさわしいと決心したとされる松の木。
現在では、縁起物としてお守りにしているそう。


真言密教のシンボル「根本大塔(こんぽんだいとう)」
d0212451_14040128.jpg

伽藍中心の塔で、堂内そのものが立体の曼荼羅として構成。
荘厳な曼荼羅の世界観は圧巻です。

ぽっぽやさんは「もう一度、曼荼羅を感じたい。」と、
自分で200円払い、翌日にもこの場所を訪れました。

何か感じるものがあったんだろうな。
来てよかったなと思った瞬間のひとつでした。


その他、いろいろ回り。
d0212451_14042374.jpg

神聖な空気に包まれました。
時間を気にせず、ゆっくりしたい場所でした。


[PR]
by a-haruly | 2016-11-25 18:00 | とお旅

関西 ひたすら歩き旅 ~ 九度山ごはん ~

改めまして関西旅。


たくさん歩いたので、お腹も空く時間。

グラタンカフェ

11時オープンと同時に入店。一番乗りデス。
d0212451_23424282.jpg

こちら、グラタン・ドリアの専門店。

フリーペーパーで見たコトがあって、
機会があれば行ってみたい!と、念願の訪問♪


小屋を入って階段を降りていくと、お店があります。
何だかとてもオシャレで、失礼ながら…思わずWCも撮影。
d0212451_2343661.jpg

もったいないくらいでした(笑)



さて。
話を元に戻しますね。


ぽっぽやさん 牡蠣のバジルソースグラタン(ミニグラタンセット スープ・サラダ付き)
d0212451_23432292.jpg

ミニサイズなのに、大ぶり牡蠣が3個入ってます。
このソース、とてもクリーミーで美味しい!

ミニって…
朝のきつねうどんでしょー(爆)


ワタシ THE SANADAMARU(ざ・さなだまる)
d0212451_23433471.jpg

前菜・スープ・サラダ・海の幸海鮮グラタンのセット。


これが、一番人気の海鮮グラタン。
d0212451_23441237.jpg

有頭海老2尾に、ホタテ・ウニが入って、とても贅沢。
こういう感じ、大好き!美味しいに決まってます。

ソースに魚介のエキスが相まって、
とっても美味しくいただきました。


ごちそうさまでした。







美味しいグラタンで
お腹は満たされたのですが。


いろいろ調べてたら、絶対に食べたくて♪

九和楽
d0212451_2344489.jpg

柿の葉寿司の専門店。
素敵な皆さんが、笑顔で迎えてくれましたよ。

翌日でも食べられるので、翌日お昼のつもりで購入。


しかし。
お店の方が「今日食べるのがイチバン美味しいよ。」って。


…というコトで、
その後の電車内で、鯖をおひとつ♪
d0212451_23493250.jpg

ふっくらしたシャリに、脂がのった鯖。
ほど良い加減のお酢の味が、疲れたカラダを癒してくれましたよ。
美味しかったなぁ。



そして翌日のお昼ごはん。


こちらは椎茸。
d0212451_23502081.jpg

こちらは鮭。
d0212451_23503395.jpg

椎茸と鮭は、予約要。

3種の味が食べられて、
「これは何かな?」と柿の葉を開くのが楽しい。

九話楽の名前の元「喰うわ楽しい」
まさにそんな感じでいただきました。


ごちそうさまでした。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-24 18:00 | とお旅

ハスカップ味。

高速SAで売ってた。

d0212451_17562984.jpg

北海道商品のコーナーで発見。

思わず買ってみたが、1本235円。。。高ーいΣ(・ω・ノ)ノ!
北海道では、普通に売ってるのかしら?

しっかり味わって、
美味しくいただきました。

[PR]
by a-haruly | 2016-11-23 18:02 | のみモノ

12回目 いい夫婦の日。

今日「いい夫婦の日」は、入籍記念日。

ちなみに。
11月13日に結婚式を行ったので、そちらは結婚記念日。


この前「どちらが思い入れ強い?」と、話題になりましてね。
揃って「13日」と一致でした。

二人のために、
たくさんの方々が集まってくれて、お祝いしてもらって。
皆さんへの感謝の気持ちも込めた、13日です。


今年は、ディナーに行ってきました。

VANSAN

コペルトは、有機野菜と生ハム。
d0212451_19122193.jpg

ビールとスパークリングサングリアで乾杯!

このサングリアが美味しかった。
お酒が弱いワタシでも、ジュースみたいな感じ。
今度は、白も飲んでみたいな。


スーパーフードのカルパッチョ
d0212451_19344793.jpg

ノロウィルスフリーな安心牡蠣
d0212451_19384605.jpg

岩牡蠣みたいに大きくて、食べ応え満点!
とぅるん♪とね。ひと口でほおばりました( *´艸`)


無農薬野菜のバーニャカウダ
d0212451_19400342.jpg

珍しいお野菜!
なんとか大根と、なんとかビーツ。(名前は失念。。)
みずみずしくて、美味しかった。


希少部位ザブトン
d0212451_19403236.jpg

ぽっぽやさんが、お肉を欲していたので注文。
これは肉々しい!美味しかったですねぇ。
カットは、お店の方にお願いした方がいいですね。


釜揚げシラスのペペロンチーノ
d0212451_19431979.jpg

何と!この釜揚げシラス、盛り放題。小盛のパスタに対して、シラス多すぎでしょ(笑)
こんなに乗せても、ちょうどいいお味。もちもち生パスタ、美味しかったなぁ。


どれも美味しくて、量もほど良くて。
あれこれ食べたくなる!罪なお店。次回はピザも食べると決めて、お店を後にしました。

満足。ごちそうさまでした。


我が家、昨日も争いましたが(*_*;

この時間もぽっぽやさんは、お仕事中。
感謝を忘れずに…です(人''▽`)

[PR]
by a-haruly | 2016-11-22 20:19 | そとゴハン

燃える飯盛山 @香嵐渓

実家滞在中、
紅葉狩りに行ってきました。


香嵐渓
d0212451_1837256.jpg

そろそろ見ごろ。いいタイミング♪
小雨パラパラの空模様でしたが、混雑してましたよ。


もみじのトンネルを抜けると、五色もみじが楽しめます。
d0212451_18371123.jpg

この風景、色合い、とても好きなのです。
d0212451_18372280.jpg

香積寺に足助八幡宮、足助神社もお参り。
d0212451_18373827.jpg

香嵐渓のシンボル、待月橋。
d0212451_18375425.jpg

少し足を延ばして、一の谷まで行ってみました。
d0212451_1838230.jpg

目の高さでも楽しめる。鮮やかな色に癒されます。
d0212451_18381965.jpg

巴橋は、飯盛山全景を見ることができる場所。
d0212451_18383015.jpg

雄大な景色、山が燃えているようでした。
[PR]
by a-haruly | 2016-11-21 18:00 | おでかけ

ぽっぽやさんとのふたりぐらし。日々のあれこれ、つぶやきマス。


by a-haruly
画像一覧